Q&A

よくあるご質問

製品設置に関するご質問例

高温対応センサーはどこまでを高温条件に設定できますか

SE800Sは流体温度150℃以下、SE800SHは流体温度200℃以下です。
温度条件は、流体温度条件であり、センサー周囲は室温を基本です。
★高温での計測は、耐熱条件のほかに、流体の活性化による腐食などの危険も考慮した設計をします。

ノイズの影響を受ける可能性を軽減したいのですがどうしたらよいですか

ノイズ発生源と圧力センサーの距離を離すような設置をしてください。
シールド線のアース接続は重要です。アイソレーターやノイズフィルターを使用することも効果的です。お困りの時ときはご相談ください。

サイクリックな圧力変動は計測に影響がありますか

圧力がサイクリックな(脈動がある)場合、一時的には常用圧の数倍もの圧力が圧力センサーにかかることがあります。
オリフィスやダンパーを使用することで影響を軽減出来る場合もあります。

結露の影響を軽減する取り付け方はありますか

結露は主に、湿度調整と温度差調整により軽減することができます。
空調を活用し、湿度をさげるよう周囲環境の調整をお願いします。
流体温度が低い場合には、流路から距離をとり圧力センサーと周囲の温度差がなくるような設置をご検討ください。

保護等級とはなんですか

電気機器の設置環境について指標として「防水性能」と「防塵性能」が汎用的 に使用されます。
指標として保護の状態を数値化したものが保護等級です。
日本ではIP規格がよく用いられます。※IPはあくまでも指標のひとつとしてご参 照ください。

ウオーターハンマーとはなんですか

ウォーターハンマー(水撃作用)とは、液圧管内の流れを急に締め切ったとき に、流体の慣性で管内に衝撃と高圧が発生する現象です。弁の閉鎖や配管の充 水時、ポンプの急停止といった急激な圧力変化によって生じます。
圧力センサーのダイヤフラムに過大な圧力がかかり故障の原因になります。

薬液、純水供給にはどんなセンサーが良いですか

薬液にステンレス系ダイヤフラムが使用される場合もありますが、弱酸性・強アルカリ性の薬液には、金属ダイヤフラムは腐食されます。
当社はステンレスダイヤフラム以外にも、フッ素樹脂ダイヤフラムの圧力セン サーや、セラミックダイヤフラムの圧力センサーがご用意できますのでご相談く ださい。

製品に関するご質問例

型式に計測圧力範囲は選択できますか

当社の商品の型式には、圧力範囲を表すコードが含まれておりません。
ご使用用途に合わせて、型式と計測さ れる圧力範囲をお伝えください。
なお一般的に圧力範囲の上限値は、常用される最大圧の二倍程度が理想とされ ています。

ダイヤフラム材質は選択できますか

流体や使用される配管材料との組み合わせを考慮し適切なダイヤフラム材質を お客様とご相談のうえ決定いたします。当社はハステロイ、SUS316L、フッ素樹 脂、セラミックなど豊富な種類を取り揃えております。

防爆仕様は可能ですか

当社のHYP-Bシリーズは本質安全防爆用として日本(TIIS)、韓国(KOSHA)、中国(NEPSI)の規格で認証を取得しています。

EP処理とは何ですか

接液(接ガス)部の表面処理グレードのひとつである、電解研磨処理を表し ています。
一般的に、表面処理された場合はそうでない状態に比べ、【防錆性、耐久性 が向上】【洗浄性の向上】【汚染物質が付着しづらい】などの効果が期待されます

絶対圧とはなんですか、他に種類がありますか

通常圧力センサーは計測の基準を大気圧とし、大気圧との比較で測定範囲を 決定しています。
絶対圧センサーはダイヤフラムに真空室がありその真空室を基準として測定 範囲が決定されます。
当社は、ゲージ圧、絶対圧という大きな違いのほかに、ゲージ圧のなかでも
大気圧を下限とした場合に「ゲージ圧」、真空状態を下限とした場合に「連 成圧」があります。

許容限度圧を超えるとセンサーはどうなりますか

当社では許容限度圧を「センサーの特性は損なわれる恐れがあるがダイヤ フラムの亀裂はおきない圧力」とし「ダイヤフラムの亀裂がおきる可能性のあ る」破壊圧と区別しております。
しかし、許容限度圧を超えてしまうと圧力センサーとしての機能が損なわれて しまいます。

ひずみゲージ式とはなんですか

ひずみゲージ またはストレインゲージは、物体のひずみを測定するための検 出方式です。
ダイヤフラムの裏面に構成された抵抗体が、圧力の変化に応じて抵抗変化を生 じることを利用しています。当社のほぼ全ての圧力センサーはひずみゲージ式を 採用しています。

コリオリ式とはなんですか

コリオリ力を利用した物理計測方式です。
振動させたU字配管内に流体を流すと流量によりねじれの大きさが変化する ことを利用し流量を計測します。質量流量を計測でき、体積流量計に比べ計測精度が高い といわれています。

Pt100Ωとはなんですか

白金の抵抗値変化で温度変化を計測する方式で、氷点0℃で白金の抵抗値が100Ωになるように調整されている
温度センサーです。

そのほかよくあるご質問例

製品購入時にはどのような書類が添付されますか

特に取り決めがない場合には、商品の試験成績書が一部添付されます。
はじめてのお取引のお客様には、説明書/仕様書を同封いたします。
そのほかの場合もお気軽に営業担当者にお問い合わせください。

カタログに記載されていない製品は製作できますか

当社の商品は全てお客様にアイデアをいただき商品化されております。
残念ながらカタログになっていない開発品が多数ございます。
当社は「あなたの会社の開発室」をモットーとしておりますのでお気軽に営業担当者にお問い合わせください。

ケーブルの長さはどの程度伸ばせますか

一般的に2線式4-20mAの場合には数百メートルまでの延長が可能です。
それ以外では、ケーブルの長さが計測精度に大きく影響する場合がございます。
周囲環境や設置設備の情報とともにお気軽に営業担当者にお問い合わせください。

生産終了品と後継機種のご案内

該当機種後継機種備考
表示器NPS4200AL/NPS4200PMA420-NTD2表示器NPS1000A
サファイヤ真空計SCM2100低真空用SE1000
表示器6400-
表示器NPS6200表示器NPS6220パネルマウントタイプ:NPS1000A
微圧耐腐食性圧力センサーSE900-